神前式か人前式かの選択は二人だけでなく家族にも相談することが大事

意見が割れる可能性がある

正座をしている男女

日本では一つの宗教に強い信仰を持つという習慣がありません。ですから、お寺に行ったり、教会に行ったりもします。また仏壇に手を合わせていながらも、クリスマスを楽しんだりするんです。他の国から見れば信じられない光景ではありますが、個人の考えを尊重する日本の良さと考えることが出来るでしょう。そんな自由な国であるからこそ、結婚式も自由な形で行われています。
教会で結婚式を挙げるカップルもいれば、友人に二人の愛を誓う人前式を選択するカップルもいます。また、日本古来の様式である神社での神前式を選択する人もいるんです。これだけ自由に結婚式を選べる国はなかなかないと考えることが出来ます。ですが、選択肢が多いということはメリットだけではありません。パートナーや家族と意見が割れるという可能性もあるんです。
女性にとってウェディングドレスを着ることは強い憧れの一つでしょう。ですから、教会での結婚式を挙げたいと思う人が多いんです。また、友人が何よりも大事という人は人前式がいいと思うはずです。さらに、家族が神前式を勧めてくることも珍しくはありません。神前式は日本で最も古い結婚式の様式です。年配の方の中には神前式しか認めないという方もいるほどです。
これから結婚に向けて準備をしていくカップルも多くいるでしょう。どのような結婚式を挙げるかは必ず決める必要があります。教会での式、人前式、神前式かを今から考えておきましょう。意見が分かれることも覚悟しておく必要があるでしょう。